TOP > 病気に対する対応に関して

病気に対する対応に関して

■保育園児は学童児と比較しても免疫力も体力も弱く、友達との接触の多い遊びや長時間密接に関わり合う生活の場であったりすることから、感染症が持ち込まれると瞬く間に広がり重症化しやすい年齢 でもあります。そのため感染拡大に繋がらないよう下記記載の登園基準の目安をご確認ください。
また、出席停止ではない感染症の場合でも、感染拡大に繋がらないようにしっかりと病院受診しましょう。

病名 出席停止の期間 診断書・登園届
麻 疹
(はしか)
解熱後3日を経過するまで 医師の診断書 必 要
風 疹
(三日はしか)
発疹が消失するまで
水 痘
(みずぼうそう)
すべての発疹が痂皮化するまで
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
結 核 医師において伝染のおそれがないと認めるまで
咽頭結膜熱
(プール熱)
主要症状が消退した後2日を経過するまで
流行性結膜炎 医師において伝染のおそれがないと認めるまで
百日咳 特有の咳が消失するまで又は5日間の適切な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
腸管出血性大腸菌感染症 医師において伝染のおそれがないと認めるまで
インフルエンザ 発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで
溶連菌感染症
出席停止期間はありません
保護者記入の
登園届け

園にあります
マイコプラズマ肺炎
手足口病
伝染性紅斑
ヘルパンギーナ
RSウイルス
帯状疱しん
突発性発しん
感染性胃腸炎
(ノロ・ロタ
  アデノウイルス等)
出席停止期間はありませんが、下痢や嘔吐などの症状が治まり、水分や食事がとれるようになるまで

■その他、病気への対応

登園後
発熱がある場合
●登園後38℃以上の発熱がある場合(元気がなく、機嫌が悪い、排尿回数が普段より減っている、食欲がなく水分がとれない場合)は保護者に連絡を入れお迎えを依頼しております。
また熱が無い場合でも園児の状態により保護者に連絡を入れ、お迎えを依頼する場合もありますのでご協力お願いたします。
投薬について ●保育園での投薬は保護者が、やむを得ず与える事ができない場合のみ行います。
●投薬がある場合は、お薬連絡票を記入し、薬は1回分を容器に入れ、
名前とクラス名を明記し飲み忘れや誤飲防止のためお薬と一緒に保育士に
手渡しして下さい。(粉薬にも明記する)
予防接種について ●薬剤説明書かお薬手帳をお借りする事が出来れば、園児の内服を把握しやすいので、
可能であればコピーでもかまいませんのでお薬連絡票と一緒に提出して下さい。
●頓服(発熱・疼痛薬)や坐薬は病院から処方されたものでもお預かりできませんのでご了承ください。
●児童票には予防接種記入欄があり、毎年更新の確認を致しますのでご協力お願い致します。
●各種予防接種後は、副反応が出現する可能性がありますので、家庭内で過ごされることをお勧めします。
草